女性の薄毛治療を大阪で始める!評判が良い人気の病院はどこ?

女性の薄毛治療を大阪で始めたい人へ

 

薄毛を気にする女性

大阪で女性の薄毛治療を行いたいと考えている人は多いようです。大阪に住んでいる人だけでなく、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県と隣の県からも大阪の病院に通っている人は少なくありません。大阪にはそれだけ評判の良い病院が集まっている事もあり、効果を求めて遠方から通う人も多いのです。

 

女性の薄毛治療|大阪で評判が良い病院はどこ?

 

高い発毛率や低価格な治療、これらが薄毛治療の病院として選ぶ大事な要素だと思うのですが、大阪にある薄毛治療病院の全てがこれらの要素を備えている良い病院ではありません。費用が高いところ、実績が少ないところなど、はたまた医師の態度が悪いところなど、大阪の病院でも色々あります。そんな中で、選ばれる病院の要素をバランスよく備えている人気の病院を厳選してご紹介したいと思います。

 

AGAルネッサンスクリニックの症例

※AGAルネッサンス公式サイトより

 

AGAルネッサンスクリニック

女性が薄毛治療を大阪で行うなら、一押しはAGAルネッサンスクリニック(SBC)です。全国規模の大手の薄毛専門病院で、発毛率も98%と記録的な数字を誇っている病院です。女性専用の治療コースが準備されており、メディカル検査の後、患者毎の医学的治療を施術してもらえます。

 

無機質な治療薬処方のみの病院とは違う、非常にクオリティーの高い治療内容も魅力の一つです。また、SBCは大阪以外からも治療に通う女性が多く、そういった人向けに交通費サポートなども行っています。

 

交通費もそうですが、SBCの魅力として充実したサポート体制であるところも、おススメできる秘訣ですね。たとえば、もし効果が出なかった際の保証として返金保証が付けられているところ、あとは学生やシニア向けの割引サービスなど、他の病院には無い魅力的なサポートが充実しています。

 

SBCは梅田に病院があります。まずはWEBで予約をして無料のカウンセリングから始めてみましょう。実際に医師に会って相談して、信頼できると判断できれば治療コースに申し込めば良いでしょう。医師に対する信頼感というのは、治療を続ける上で非常に重要な要素となります。

 

女性の薄毛治療を大阪でご検討中の方は、初回は無料のカウンセリングが準備されていますので、SBCのサービスを上手く活用し、最短コースで治療できる機会を手に入れましょう!

 

AGAルネッサンス

 

東京ビューティークリニックも又、AGAルネッサンスクリニックと同様に全国展開の大手薄毛クリニックです。女性の薄毛専用のクリニックだけあって、スタッフの配慮やプライバシー保護も非常に評価が高くなっています満足度も99.4%と非常に高く、月に7,000円から始められる安い治療費も人気の秘訣です。場所は梅田駅すぐ近くの場所にあります。無料カウンセリングも実施されていますので相談してみると良いでしょう。

 

東京ビューティークリニック

 

男性よりも女性に効果的だとされるグロースファクター再生療法を初めとする、女性薄毛の治療に長けた病院の一つです。最近では、女性の男性型脱毛症(AGA※1)治療に効果的とされるパントスチンを取りいれた治療もおこなわれており、大阪で女性薄毛に悩む人には外せない候補の一つです。SBCと比較する為にカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

 

AGA

 

パントスチンだけでなく医薬品の個人輸入には気をつけよう

パントスチンはドイツのMerz社が販売している女性用抜け毛抑制外用剤です。パントスチンは個人輸入することができます。皮膚科、形成外科、育毛クリニックやサロン等でも薄毛の治療薬として処方されますが、保険が効きませんので1本100mLでおおよそ1万円かかります。しかし個人輸入医薬品を取り扱っているWeb上のショップでは、1本6000円程度で販売しているところもあります。また、3本セットだとさらに割引きされており、1本あたり5000円台で購入できます。病院での処方の半額で手に入ると思うと利用しない手はないですね。しかし個人輸入医薬品は、現在「用法用量からみて1ヶ月分以内までの購入」と厚生労働省で決められています。また、あくまでも個人が自己責任で使用することが前提となっています。中には正規品を販売していない悪徳業者もあるかもしれません。例えばED(勃起不全)治療薬の例ですが、インターネット上で入手されたもののうち、半数以上がにせものであったという調査結果もあります。正規品に極めて類似した色や形の偽造医薬品もあり、素人が正規品かどうかを見分けるのは困難です。正規品でなかった場合は、想像もしていなかった副作用が出る可能性も否定できません。ですから、パントスチンに限らず、医薬品を値段だけで判断して安易に購入するのは控えたほうが賢明です。また医薬品を個人輸入する際は、海外からの発送になるので、到着が2週間程度かかります。余裕を持って注文するようにしましょう。

 

【※1】「AGA」とは「andorogenetic alopecia」の略で、日本語で言えば「男性ホルモン型脱毛症」です。ご存知の通り、これは男性ホルモンが原因で引き起こされる脱毛症のこと。しかし同じ「AGA」でも、全く別の病気があるのをご存知でしたか?今回はちょっと横道にそれて、もう一つの「AGA」についてご紹介してみたいと思います。それは「アレルギー性肉芽腫性血管炎」という病気。英語では「Allergic granulomatosis-Angitis」で、これを略して「AGA」と表記されることがあります。1951年にChurgとStraussによって提唱された病気であるため、彼らの名前を取って「Churg-Strauss(チャーグ・ストラウス)症候群」と呼ばれることもあります。この病気は血管炎の一種であり、全身の動脈に壊死性の炎症を起こすもので、血管の炎症と共にその血管に支配されている臓器にも障害をきたします。アレルギー体質を持つ人に現れるという「好酸球」という白血球が増加することで血管炎を起こしているため、未だハッキリとした原因は分かっていませんが、何らかのアレルギー反応が関係しているのではないかと言われています。